新宿とは

新宿(しんじゅく)は、東京都新宿区南西部と一部渋谷区にまたがる新宿駅を中心とした歓楽街オフィス街であり、渋谷池袋と並ぶ3大副都心の一つである。江戸時代甲州道中の宿駅(内藤新宿)として栄え、近代以降は関東大震災を契機に繁華街として成長している。町名としては新宿一丁目から新宿七丁目が存在する

概要

武蔵野台地の東方に位置し、甲州道中の宿駅(内藤新宿)として栄えた。明治維新後に鉄道駅が置かれたが、繁華街として本格的な発展を遂げたのは、関東大震災後のことである。すなわち、銀座浅草などの下町に比べて新宿は表層地盤が非常に強く被害が軽微であり、震災後に人口が激増した西部郊外にとって当時の中央線が都心に乗換えなしに行ける唯一の鉄道であったことから、私鉄各線からの乗り換え需要で新宿に交通が集中するようになり、昭和初期には、都内有数の一大歓楽街となったのである。そして、1965年淀橋浄水場が閉鎖され、新宿副都心の開発が始まると、西新宿超高層ビルが林立し、1991年東京都庁移転などを経て、今日見られるようなオフィス街を形成した。1990年代以降は、新たな鉄道駅(1996年西新宿駅2000年東新宿駅)の設置により、複合型の超高層ビルや超高層マンションを中心とした再開発が進んでいる。

地理

新宿は洪積世に形成された武蔵野台地の東方に位置しており、新宿駅は淀橋台上にあり、標高は山の手で最も高く約44mであり、表層地盤も強い[4]。西端には神田川が流れ、江戸時代には神田上水が開削された。また、近代以降の都市化により都心部では同心円状のヒートアイランド現象が生じているが、新宿御苑新宿中央公園戸山公園などの大規模な公園の園内外ではクールアイランドもみられる[5]

歴史

駅周辺

駅周辺は日本有数の繁華街であり、にわたり人波が途絶えることはなく、巨大な商圏を形成している。

  • 新宿駅の一日の利用者数は東京一極集中の影響もあり約335万人(2013年度、地下街で連結した西武新宿駅含むと約353万人)[22]に達し世界一であり、ギネス・ワールド・レコーズに認定されている。
  • 徒歩圏の周辺駅も併せた『新宿エリア』の駅乗降者数は約418万人(2013年)[23]に上る。東急東横線と副都心線との直通運転が開始されたことや、再開発・都心回帰などの理由により、特に新宿三丁目駅・東新宿駅・西新宿駅などはここ数年で大きく利用客数が増えている。このため、新宿駅自体の利用者数は副都心線開業前の2007年度と比べおよそ18万人減少したが、周辺駅との合算値では逆に15万人ほど増えている。
  • 繁華街の集客人員は164万人(2002年)に達しており、統計では日本一となっている[24]
  • デパート販売額や商品販売額では日本で初めて1兆円を超えた。

なお、繁華街として一般に「新宿」と称される範囲は、地名としては概ね新宿区新宿・西新宿歌舞伎町などである。また、新宿駅新南口渋谷区に在るが、タカシマヤタイムズスクエア小田急サザンタワーが渋谷区にあることを知らない人もいる。

新宿駅東側

新宿駅東口前

新宿駅の東側は老舗デパートや専門店・飲食店などが密集し、昼夜を問わず人の波が途絶えることはなく、日本一の繁華街となっている。駅東口近くにあるスタジオアルタや中央東口の交番は、新宿でも屈指の待ち合わせ場所となっており、夕方の終業時間になると著しく混雑する。

新宿駅西側

新宿駅に連なる西口は京王小田急の両デパートやハルクルミネなどの専門店、駅前は大型量販店などが集まり、歩を進めると超高層オフィスや超高層ホテルなどが集まる超高層ビル群、新宿副都心になっている。

新宿駅の西側は、1950年代までは十二社池(じゅうにそういけ)といった大きな池もあり、戦前までは東京近郊の行楽地であった。そうしたこともあり、1960年代までは駅東側に比べ長閑(のどか)で寂しい地域であった。しかし、このころ千代田区周辺の東京都心部に機能が集中していることが課題となり、新宿西口が副都心として位置づけられた。

1965年(昭和40年)には西口にあった淀橋浄水場東村山市に移転し、その跡地に1971年(昭和46年)の京王プラザホテルを皮切りに超高層ビルが挙って建設され、後に新宿副都心と呼ばれるようになった。また東京都庁が1991年(平成3年)に有楽町からこの地に移転して以降、新都心と呼称される場合もある(但し、青梅街道にある新都心歩道橋は都庁移転前から存在する)。高層ビル近辺では1968年(昭和43年)に開園した新宿中央公園が都会のオアシスとして著名である。

大ガード

なお、西口のやや北寄りには、太平洋戦争後すぐに形成された闇市を起源とする飲み屋街、思い出横丁がある。ここには「赤ちょうちん」と呼ばれる小規模な居酒屋が密集し、変化の著しい新宿の町並みのなかでも戦災復興昭和の時代の匂いを残している。そのすぐ北にはJR線の高架橋、通称・大(おお)ガードがある、下を走る青梅街道靖国通り小滝橋通りの交差する大ガード交差点周辺は交通の要衝のため夜間は著しく混雑する。

新宿駅北側

新宿駅の北側、歌舞伎町方面は飲食店ホテルが軒を連ねて巨大な歓楽街を形成している。いわゆる新宿ゴールデン街も歌舞伎町の中にある。西武新宿駅が至近である。一方、線路の西側である小滝橋通り周辺には、輸入、中古レコード店やライブハウスなどが目立ち、都営大江戸線新宿西口駅が存在する。

この2駅の間にはJR線の高架が存在しアンダーバスが形成されていないため、小滝橋通り沿い方面は新宿駅の他の地域に比べれば人の往来は少なめである。

また、歌舞伎町の北方には、韓国人中国人を主とする外国人が多く居住しているが、一方で怒羅権などチャイニーズマフィアの活動拠点の一つにもなっているとされる。

新宿駅南側

新宿駅の南側に面す新宿四丁目は、かって四谷旭町と言う住所で作家の林芙美子が下宿していた場所として知られる。入り組んだ路地に民家や旅館、個人商店などが都市開発の煽(あお)りを受けビルに阻まれる様に取り残されている雑多な地域であったが平成10年前後の再開発により、周辺には超高層ビルや大型デパートなどが次々と建設された。新宿タカシマヤから駅構内に直結するペデストリアンデッキ(歩道橋)が整備され、新たな人の流れを生み出している。戦後満州からの引き揚げ者が餃子屋を多く営んでいた。 アルタと同様目印となる巨大ビジョン(FLAGSビジョン)がある駅南口、東南口は階段と周囲が一新されFLAGSのオープン以降は待ち合わせの人などで大変混雑するようになった。夕方から夜にかけてはアマチュア音楽家による演奏が行われ、家路を急ぐ人々などの注意を惹いている。吉本興業芸人らが出演する劇場ルミネtheよしもと」もある。なお、タカシマヤを含む甲州街道の南側は、新宿四丁目の一部を除き渋谷区千駄ヶ谷代々木に属する。

なお、京王デパートと小田急デパートの間には「モザイク通り」という遊歩道があり、様々な店舗が軒を連ねている[26]。西口から南口側へ抜けるにはここを通れば最短で便利である。

東新宿駅周辺

新宿三丁目の北、歌舞伎町の東に位置する新宿六・七丁目は低層の住宅地域が広がっていたが、2000年12月、都営大江戸線東新宿駅が七丁目(六丁目との境)に開設されると七丁目を中心に中高層マンションの造成が進み、2008年6月の東京メトロ副都心線開通を経て、今日まで駅の利用者の増加が続いている[27][28]。他方で、明治通り沿いを中心に老舗のライブハウスがあったり、少し歩けば昔ながらの商店街も広がっている[29]

2007年には、東新宿駅の東南部約3.7万m2の日本テレビゴルフガーデン跡地を三菱地所が落札し再開発に着手[30]。敷地一帯が「新宿イーストサイド」と命名され、敷地北側のビジネスエリアには、広場や遊歩道とともに、1万人以上が就業可能な商業&ビジネス複合型オフィスビル「新宿イーストサイドスクエア」が建設され、2012年5月に竣工、9月にグランドオープンした[31]。他方の敷地南部はレジデンスエリアとして整備され、高さ111.7m、総戸数761戸のタワーマンションパークハビオ新宿イーストサイドタワー)などが建設された。

新宿イーストサイドスクエアは、竣工時において都内最大級の1フロア辺り面積を有しており、スクウェア・エニックス・ホールディングス東急ハンズなどが本社移転し、オフィス機能やグループ企業の集約化が進められている[32]。さらに、新宿イーストサイドスクエアと東新宿駅を直結するサンクンガーデンには広場や歩道とともに飲食店街が広がっている。これに合わせて曲線階段やプロムナード(遊歩道)やベンチなどが設置されており、新宿七丁目につながる新宿文化センター方面や、地区東側から新宿駅方面をつなぐ歩行者ネットワークが補強されるなど、周辺の住宅地や商業地と一体化した回遊性の高いランドスケープが形成されている[33]

LINE IDをコピーしました

LINEを開く

友達登録してください